2017/09/15~09/24 alaska Counter 一度は見てみたい神秘のオーロラ シアトル経由、アラスカ、フェアバンクスへ 

今回のコース 出発→山陽道→伊丹空港→成田空港→B777→シアトル乗継ぎ→アンカレジ(泊)→アラスカ鉄道乗車→フェアバンクス(泊)→フェアバンクス郊外(3泊)→車→アラスカ(3泊),アンカレジ空港→シアトル空港乗継ぎ→B777→成田空港→伊丹空港→山陽道→帰着

 

成田出発は18時05分

今年は成田出発18時05分のANA機です。アンカレジ直行便は残念ながら日本から飛んでないんでしかたない。例によって中国道は何があるか分からんので、やはり自宅出発は余裕をみて出発とする。伊丹から成田へも普通に到着です。が、成田ではボーディングブリッジではなく駐機場からタラップを下りてバスがお出迎えとなった。だいぶびっくりだわ。荷物は伊丹からシアトルまで受け取りなく送ってくれたんでこれは良かったけどね。

シアトルに向け出発

フライト情報機体はB777で出発後のフライトインフォメーションを撮っておいた。シアトルまでは7663kmとなってるね。やっぱりサンフランシスコまでに比べ700kmばかり短いです。

シアトルで乗継ぎアンカレジへ

シアトル乗継ぎアンカレジへはシアトルで乗り継ぎです。アラスカ航空の機体がたくさん駐機しています。乗り継ぎのアラスカエアライン出発が午後1時40分なんで待ったりもなくほどよく乗継ぎです。ただ、シアトルで入国となるんでもう一度セキュリティチェックを通ります。

アラスカ到着です

アンカレッジ到着2時間30分位のフライトで無事アンカレジ国際空港へ到着となる。現地時間は午後4時半頃です。

空港からダウンタウンへはタクシーで

アンカレジ駅アンカレジ国際空港からダウンタウンまではタクシー利用が便利です。10分程で到着します。ホテルは、Anchorage Grand Hotelです。とにかくアラスカ鉄道アンカレッジ駅がホテルのすぐ下方にあるんで歩いてすぐだ。 ちょうどフェアバンクスから戻って来た列車が滑り込んで来た。いいタイミングだ。明日はこれに乗車します。

アンカレジ駅前に置かれたSL

アンカレジ駅前のSLまだまだ明るいので街中を散歩してきます。アンカレジ駅前には写真のようにSLが展示されていました。写真の右側にはホテルがちょっぴり写っています。そう、こんなに近いんですよ。

アラスカンビールを買って来た

アラスカンビール酒屋さんがあったんでアラスカンのビールを買ってきました。

チケット売場

チケット売場翌朝7時にはホテルを抜け出し駅へと向かいました。といってもわずか5分程で到着。荷物は先に預けておきます。予約しといた乗車券をここで購入し、あとは改札を待つのみです。トイレを済ましてギフトショップを探検する。

アンカレジ駅ギフトショップ

ギフトショップせっかくのアラスカ鉄道乗車ですので何か記念になるものを買っておきましょう。

いよいよ乗車します

いよいよ乗車さあ、いよいよ乗車ですよ。で、どこに乗車したかというとやっぱり展望車です。しかも朝昼夕3食付きにしました。何度も乗車できるもんじゃないんで一番良いランクにした。この車両がその展望車です。2階がデッキ付きの客席で1階が食堂とトイレになっています。アンカレジからフェアバンクスまでの乗車時間は何と12時間なのだ。朝8時出発の夜20時着となります。12時間にもわたり素晴らしい車窓の景色が堪能できるのだ。

朝食のお時間です

朝食食堂のテーブルへは前方席から順に呼んでくれます。一度に全員入れる訳じゃないんでね。

デッキからの眺め

デッキからの眺め写真を撮るときはやっぱり窓ガラスのないデッキへ行く方が良いようです。窓ガラス越しではないんでやっぱりシャープさが違うな。時期は9月ですがすでに紅葉は始まっており、まっ黄っ黄に染まっております。

昼食のお時間です

昼食車窓の景色を眺めたり、写真を撮ったりしているとすぐに昼食の時間となります。私はハンバーガーにした。

 

フェアバンクスに到着

フェバンクス到着着きましたよ、予定どおり12時間の乗車でフェアバンクス駅に到着となりました。夜の8時ですがまだ明るい。

リージェンシー フェアバンクス ホテル

何せフェアバンクス到着は夜の8時を過ぎているんで当日はフェアバンクス市街地に1泊します。ホテルはリージェンシー フェアバンクス ホテルで駅まで迎えに来てくれます。ホテル到着は9時頃かな。あ〜、お疲れ様です。

オテル前から見えた初オーロラ

市街地オーロラ市街地でもオーロラが見えるのか分からなかったがとにかくホテル前の道路を渡り良さげな場所にカメラをセットした。やはり民家のあるところは結構明かりがあってダメだね。天空を見ていると何やら白っぽい雲のようなものがひょろひょろと動いているときがあった。ひょっとして、これかも知れない。と、カメラを通すとこのようにグリーンが現れた。で、前方はお墓でした。

アンカレジ出発

アンカレジ出発帰りもシアトル乗り継ぎなんでアンカレジの出発は早い。まだ真っ暗ですよ。